コラム“ラリートーク”

HAMAMATSU WOMEN'S OPEN / COLUMN / ラリートーク

9歳の少女が受け取った、トップテニス選手が繋いだ“ラリー” 浜松から生まれた小さく壮大な物語

内田 暁

 椅子に浅く腰を掛け、グッとコート側に身を乗り出して、食い入るようにプレーを見る。

 次の瞬間には、A4サイズのノートを広げて膝に置き、一心不乱に文字を書きつける。

 

 約1ヶ月後に10歳の誕生日を迎える塩見渚ちゃんは、兵庫県在住のテニス少女。

その彼女が静岡県の浜松市に足を運び、年長者たちに混じって“強化練習会”に参加し、荒川晴菜vs澤柳璃子のエキシビションマッチを観戦するに至った起点には、一つのネット上の出会いがあった――。

 

 日本女子のエース・土居美咲と渚ちゃんをつなげたのは、“サウスポー”という共通項だ。

 「私がもともと好きだったのと、サウスポーということあって、渚も土居選手が好きになったんです」

渚ちゃんの母親は、笑顔でそう説明した。

 

 その土居と、オンラインで交流できる機会があると知った時、母親は迷わず申し込んだという。

渚ちゃんが参加した、オンラインイベント……それが、浜松ウイメンズオープンが運営していた『ラリートーク』である。

コロナ禍によるツアー中断中に始まったこの企画は、同大会に出場した選手を週替りで招き、Zoomで行うトークショウ。参加者たちもチャットなどを介し、選手に質問できる双方向性がウリだ。4月中旬に青山修子を初代ゲストに始まったラリートークは、出演者が次の選手を指名するのがルール。その青山に指名された第2回目のゲストが、土居だった。

 

土居の回に参加した渚ちゃんには、左利きの大先輩に聞いてみたいことがあった。

それが「サウスポーだからこそ身につける武器とは、なんですか?」。

その疑問が司会者を介して土居に伝わり、そして実際に、土居が答えてくれる。

 

「アドサイド(コート左側)からワイドにサーブを打ち、相手の返球をオープンコートに打つのがサウスポーの武器になります」

 

憧れの選手からの解答は、9歳の少女がコートに向かうモチベーションとなり、色んな選手に質問したいという向上心にも繋がった。その日から彼女は、土居に教わったポイントパターンを何度も練習し、ラリートークが行われる日曜日を心待ちにしたという。

土居の回の翌週には大前綾希子にも質問し、「試合では全てをコートに置いてくることを心がけている」の言葉に胸を打たれた。コートでそれらの助言を実戦し、家ではゲスト選手のプレーをYoutubeで見るのが、日々の習慣になっていく。両親の目にはそんな娘の姿が、「今まで以上に楽しくテニスをするようになった」と映ったという。

 

◆  ◆  ◆        ◆  ◆  ◆         ◆  ◆  ◆         ◆  ◆  ◆       ◆  ◆  ◆

 

ラリートークに参加する渚ちゃんの存在は、当然、運営サイドの目にも止まっていた。毎回、無垢ながら深い質問をする渚ちゃんは、いつしかラリートークのアイドル的存在になっていたのだ。

「渚ちゃんもテニスをやっているようだけれど、どんなプレーをするんだろう?」……そんな興味も、関係者の間で高まっていく。折しも、14回を予定していたラリートークも終盤に差し掛かり、その最終回に合わせ浜松でイベント開催を企画していた時分。

 

「このイベントに渚ちゃんを招待しようよ!」

 

 運営サイドから上がった声が本人に伝えられ、快諾の返事を得るまで、さしたる時間を要さない。

 かくして兵庫県に住む9歳の小柄な少女は、浜松市の強化練習会に参加し、荒川と澤柳による真剣勝負をベースラインの真後ろで観戦し、試合後にはその二人とボールを打ったのだった。

 

 3時間近くに及ぶ荒川と澤柳の熱戦が終わった時、渚ちゃん愛用の“テニスノート”には、2ページに渡りびっしり文字が書き連ねられていた。

 

 「どちらもフットワークが良い」

 「ミスしても弱いところを見せない」

 「澤柳さんは、アプローチショットと同じ方向でネットに出ている」

 

 メモの内容は、試合を見ながら気づいた両選手の心の動きや、戦術・技術面まで多岐に渡る。

 きっと兵庫に戻ったら、彼女はこのノートを見ながら、また練習に励むのだろう。

 もしかしたら、一緒にテニスをする友だちにも、教わったことや感じたことを伝えるかもしれない。

憧れの土居に始まり、数々の選手から得た助言も思い返しながら……。

 

コロナ禍の間にも、スポーツの火を消さないために――。

そのような願いから始まり、13人の選手たちで繋いできたラリートークのトーチは、間違いなく未来へと手渡された。

著者

内田 暁
浜松ウイメンズオープンオフィシャルライター|編集プロダクション勤務を経て、2004年にフリーランスのライターに。ロサンゼルス在住時代に、テニスや総合格闘技、アメリカンフットボール等の取材を開始。2008年に帰国後はテニスを中心に取材し、テニス専門誌『スマッシュ』や『スポーツナビ』『スポルティーバ』等のネット媒体に寄稿。その他、科学情報の取材/執筆も行う。近著に、錦織圭の幼少期から2015年全米OPまでの足跡をつづった『錦織圭 リターンゲーム:世界に挑む9387日の軌跡』(学研プラス)や、アスリートのパフォーマンスを神経科学(脳科学)の見地から分析する『勝てる脳、負ける脳 一流アスリートの脳内で起きていること』(集英社)などがある。