コラム

HAMAMATSU WOMEN'S OPEN / COLUMN

2019マッチレポート|ダブルス決勝|エディス/アルディラvs本藤/上田

内田 暁

■2019年大会マッチレポート⑤:ダブルス決勝 エディス/アルディラ 6-3, 6-4 本藤/上田■

 今大会のダブルスを制したのは、今季からペアを組み、これが6大会目の出場という第1シード。すでにITF(ツアーの下部レベル大会郡)で3つのタイトルを獲得している実力を、浜松でも発揮した。

 ペアを組むのは今季からだが、実は二人は、10年来の親友だという。「ジュニアの頃からお互いを知っている。プレー的にも合っているし、友人なので考えもわかる」というだけあり、コート上でも連携は抜群。今大会でもセットを落とすことなく、決勝まで勝ち上がっていた。
 
 決勝でも、第1セットを奪い、第2セットも5-1と大きくリードした時、試合は決したかに思われた。しかしここから、本藤/上田の日本人ペアが意地を見せる。5-4まで追い上げるが、最後は第1シードが、ダブルスの教本のような盤石のプレーでゴールテープを切った。

 この大会に出場したのは、二人ともに単複あわせて今回が初。浜松オープンでの経験を、「大会の運営が素晴らしい」、「会場からホテルが近いのはありがたいし、インドアのコートがあるのも良い」と振り返る。そして二人が声を揃えたのが、「こんなにたくさんのお客さんが見に来てくれるなんて!」というファンへの感謝への想い。観客が生み出す熱気により、良いパフォーマンスが引き出されたと、両者ともに表情をほころばせた。

「目標は、来年のグランドスラムに出られるくらいランキングを上げること」という二人にとって、この大会の優勝も、世界へ羽ばたく重要な足がかりになる。

著者

内田 暁
浜松ウイメンズオープンオフィシャルライター|編集プロダクション勤務を経て、2004年にフリーランスのライターに。ロサンゼルス在住時代に、テニスや総合格闘技、アメリカンフットボール等の取材を開始。2008年に帰国後はテニスを中心に取材し、テニス専門誌『スマッシュ』や『スポーツナビ』『スポルティーバ』等のネット媒体に寄稿。その他、科学情報の取材/執筆も行う。近著に、錦織圭の幼少期から2015年全米OPまでの足跡をつづった『錦織圭 リターンゲーム:世界に挑む9387日の軌跡』(学研プラス)や、アスリートのパフォーマンスを神経科学(脳科学)の見地から分析する『勝てる脳、負ける脳 一流アスリートの脳内で起きていること』(集英社)などがある。