コラム

HAMAMATSU WOMEN'S OPEN / COLUMN

2021年大会特別ストーリー:地元から世界へ——浜松ウイメンズオープンの理念を体現した、ある選手の物語

内田 暁

 ここに、2枚の写真がある。  一枚目は、今から10年前に撮られたもの。写っているのは、決勝戦のボールキッズたちだ。二枚目の写真は、今年の浜松ウイメンズオープン準決勝の模様。セミファイナリストとして戦う松本安莉は、一枚目の写真の右から2番目の少女である。「昔の自分を見ているようで […]

2021年大会ダブルスFINALレポート:井上雅/荒川晴菜 6-1,6-4 伊藤さつき/吉川ひかる

内田 暁

 勝利の瞬間、涙はなかった。 線審の「アウト」の声に続き、重なる「カモーン!」の叫び。二人は固い抱擁で、頂点の味を……そして二人で戦う、最後の試合の余韻をかみしめた。  今季限りの引退を表明している井上雅にとって、浜松ウィメンズオープンは、現役残り2大会のうちの一つ。ただ、最後に […]

2021年大会FINALレポート:西郷里奈 6-1,6-1 輿石亜佑美

内田 暁

    枝葉がこすれる擦過音が絶えず鳴り響き、大会カラーのオレンジ色のバナーが、ひきちぎれんばかりにはためく。 湖畔特有の強風が、容赦なくコート上を吹き抜ける決勝戦。肌に触れる空気も、前日までと打って変わって冷たい。  いつもと異なる、気温と風。  もっとも西郷里奈にと […]

2021年大会決勝戦プレビュー

内田 暁

「決勝戦の日は、私の誕生日だ」 大会のスケジュールを見た時から、西郷里奈の焦点は、その一点に定められていた。 そして現に今大会、彼女は初戦からセットを落とすことなく、決勝戦まで駆け上がる。 スラリと伸びた腕をしならせ、ボールの跳ね際を打ち抜く強打。その武器を携えて、狙った頂上決戦 […]

2021年大会“仕事人”紹介②:大会レフェリー(スーパーバイザー)【後編】

内田 暁

 今大会の“レフェリー”をつとめる松野えるだ氏は、国際レフェリーの資格を持ち、国際テニス連盟(ITF)公認大会では“スーパーバイザー”として活躍する。 選手たちから母のように慕われる松野氏へのインタビューの【前編】では、レフェリーの仕事内容について伺った。   【後編】では、える […]